記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】米朝首脳会談は行われるか 再選狙いのトランプ氏は前向き、正恩氏の健康問題も焦点に (2/2ページ)

 北朝鮮もこうした事情はわかっているはずだ。与正氏の話は、もし会うなら米国に高く売りつけたいという意図だろう。

 しかも、強硬派のボルトン氏がトランプ政権から去ったので、北朝鮮としては、ハノイ会談のような失敗を避け、部分的な非核化による経済制裁の緩和を引き出しやすいとみているのかもしれない。

 ボルトン氏は、正恩氏がさらなる核施設の廃棄に言及し、それにトランプ氏が応じ、部分的な非核化で経済制裁を一部解除することを恐れていたという。ということは、北朝鮮としてもトランプ氏との首脳会談を改めてセットすることは損な取引でないと思ったのかもしれない。

 与正氏が、仲介役だった韓国について強硬姿勢だったのは、北朝鮮は韓国抜きで米国との直接対話を望んでいるとのメッセージだったと見ることも可能だ。

 米朝関係は、トップ同士は良好な関係を崩していないのだが、事務方はなかなか交渉できていない。

 となると、11月の大統領選前に、電撃的に会う可能性はないわけでない。ただし、正恩氏の健康問題が本当であれば、その可能性はないだろう。また、健康問題がなくてもどこで会うかというのも重大な問題だ。

 11月の大統領選までに、正恩氏の健康問題も含めて大きな展開がありえるので注視が必要だ。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

関連ニュース