記事詳細

大阪の母親乳児殺害事件 4階と9階から2回落としたか

 大阪市平野区の市営住宅で今年1月、当時生後7カ月の三女を殺害したとして逮捕された無職、民谷(たみたに)瞳容疑者(36)が、住宅の4階付近と9階付近から2回、立て続けに三女を落として死亡させていたことが分かった。大阪地検は17日、殺人罪で民谷容疑者を起訴した。約5カ月半の鑑定留置の結果、刑事責任能力を問えると判断した。

 起訴状などによると、民谷被告は1月19日午前、自宅近くの市営住宅の4~5階の踊り場から、約15分後には9~10階の踊り場から三女の柚希ちゃんを落下させ、死亡させたとされる。