記事詳細

コロナワクチン確保戦争…日本で接種いつできる? 英製薬大手は9月に供給開始、国内では10月に大規模治験 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの終息に欠かせないワクチン開発に新たな動きだ。英オックスフォード大のチームと中国の軍事科学院医療部門のチームがそれぞれ、ワクチンを接種した人に感染を防ぐ抗体ができ、有望だとする臨床試験(治験)の中間結果を発表した。日本政府もワクチン確保を急ぎ、国内メーカーの開発競争も続くが、われわれはいつワクチンを接種できるのか。

 英オックスフォード大のチームは既に英国やブラジルで大規模な最終試験に進み、安全性や有効性を確認している。共同開発する英製薬大手アストラゼネカは9月の供給開始を表明、欧米諸国がワクチンの確保で合意している。日本政府も同社と確保を協議。同社は8月にも日本で治験を始める方向だ。

 国内では、塩野義製薬とバイオ医薬品を手掛ける子会社のUMNファーマ(秋田市)、国立感染症研究所が共同でワクチン開発を進めている。遺伝子組替え技術を用いた培養細胞によりコロナウイルスのタンパク質(抗原)を製造。これを人に投与する仕組み。2021年秋の発売を目指すが、治験の結果が出る前の段階で生産体制を強化し、同年末までに年間3000万人分以上の生産体制を整えるという。

 バイオベンチャーのアンジェス(大阪府茨木市)と大阪大などが共同開発した「DNAワクチン」は、今月から国内初の治験を行っている。

 明治グループの製薬会社KMバイオロジクスは、東大や国立感染症研究所と共同で不活性化したコロナウイルスを人に投与するワクチンを開発中で、最短で今年11月から治験に入る方針だ。

関連ニュース