記事詳細

正恩氏、コロナで開城を完全封鎖 「越境した脱北者が感染」

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、韓国から北朝鮮に戻った脱北者が新型コロナウイルスに感染している疑いがあることが判明し、脱北者が入った南西部の開城(ケソン)市を24日から完全封鎖するとともに、この地域に「非常事態」を宣言したと報じた。

 朝鮮労働党政治局は25日、非常拡大会議を緊急招集し、金正恩(キム・ジョンウン)党委員長出席の下、国家非常防疫体制を「最大非常体制」へ引き上げることを決定した。

 朝鮮中央通信は、検査で感染疑いが判明した脱北者は19日に軍事境界線を違法に越えて開城に入ったとし、この脱北者や接触者に隔離措置を行ったとしている。脱北者の越境の真偽は不明だ。

 金氏は「6か月間、強力な防疫対策を講じ、感染経路を封鎖したのに、ウイルスが流入したとみなせる危険な事態が発生した」と述べ、深刻な認識を示した。

 北朝鮮は1月以降、厳しい防疫対策を取りながら国内に感染者は1人もいないと主張してきた。韓国の脱北者団体などによると、実際は感染で数百人以上の死者が出ているとされ、脱北者に責任を転嫁することで、厳重な防疫措置を正当化する狙いとみられる。

 国境の実質的な封鎖で経済が逼迫(ひっぱく)する中、高まった住民らの不満を脱北者に向けさせる意図に加え、「脱北者は危険だ」と刷り込むことで、脱北者団体による体制批判ビラの散布をきっかけに6月に展開した韓国攻撃を正当化する思惑もうかがえる。(産経新聞)