記事詳細

米中緊迫“戦争前夜” 閉鎖の中国総領事館は「最悪の犯罪拠点」 中国側も領事館閉鎖で対抗の異常事態、南シナ海では軍事的緊張高まる (1/2ページ)

 米国と中国の緊張状態が続いている。米テキサス州ヒューストンにある中国総領事館は先週24日に閉鎖され、米当局者らが同日敷地に入り、館員らが全員退去したことを確認した。一方、中国政府が対抗措置として閉鎖を要求した四川省成都の米国総領事館は27日、閉鎖期限を迎えた。新型コロナウイルス対応や香港問題をめぐって激化した米中対立は、双方の在外公館閉鎖や軍事演習という「戦争前夜」ともいえる事態となっている。

 「米国内で違法な行為を行ったヒューストン総領事館と比べ、米国の成都での活動はチベット自治区を含む中国の人々を理解することと、メッセージを出すことで、2つは全く異なる」

 米国務省高官は、中国による成都の米国総領事館閉鎖要求について、こう反発した。

 中国メディアによると27日午前10時(日本時間同11時)が閉鎖の期限。米国総領事館では26日深夜まで、大型バスやトラックなどが頻繁に出入りし、荷物を順次搬出した。総領事館のエンブレムも取り外されたという。

 閉鎖されたヒューストンの中国総領事館については、米中の応酬が聞かれた。

 米政府高官は24日、「館員らが研究者を誘導し、(医療研究などの)情報収集させていた」と記者団に述べ、知的財産窃盗の拠点だったと強調した。中国の在外公館によるスパイ活動は同館にとどまらないとしたうえで、同館は「最悪の犯罪拠点の1つだ」との認識を示した。

関連ニュース