記事詳細

ALS嘱託殺人 容疑者は「安楽死教」教祖名乗ることも (1/2ページ)

 京都の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の女性に対する嘱託殺人容疑で、医師2人が逮捕されてから1週間。医師らはかねてSNSで“安楽死”について言及していたが、事件では医師側に女性から計130万円もの現金が渡っていた。彼らは果たして医師としての信念を遂行したのか。

 逮捕された医師、大久保愉一容疑者(42)は事件の約1カ月前の昨年10月下旬、ツイッターでやりとりしていた知人女性に「とにかく(患者の)魂だけでも救ってきますわ」とのメッセージを送っていたという。

 大久保容疑者は昨年11月30日、京都市中京区のALS患者である女性=当時(51)=の自宅マンションで、医師の山本直樹容疑者(43)とともに嘱託を受けて薬物を投与し、急性薬物中毒で女性を死亡させた疑いがある。

 その犯行時間はわずか15分足らずだったとみられる。女性の体内からは鎮静作用がある「バルビツール酸系」の薬物が検出された。

 大久保容疑者はツイッターで安楽死にたびたび言及し、今年に入っても「医者ってなんなんだろね。素直に死なせてやっちゃいかんのかね」と持論を展開。昨年2月には「宗教法人つくりたいなあ。安楽死教(仮)」と投稿、“教祖”を名乗ることも。「安楽死にいくらまで払いますか」などとも書き込んでいた。

関連ニュース