記事詳細

新型コロナ感染者、共通点は「食べながら会話」 家庭も危険 (1/3ページ)

 感染の再拡大が起きつつある新型コロナウイルス。3密を回避していたとしても、感染してしまったというケースも多々あるようだ。

 食品メーカー勤務の都内の40代男性Aさんは緊急事態宣言解除後、新入社員2人を営業先に同行させて仕事を教えていた。6月下旬、取引先を回り終えたAさんは「飲むには絶好の機会」と思った。

 「一時はテレワークばかりで一切飲みに行かず、解除後もなかなか機会がなかった。外回りを終えた後、親睦も兼ねて“新宿・歌舞伎町でもないし、3人なら大丈夫だろう”と判断して、新人を連れて取引先に近い居酒屋に入りました」(Aさん)

 9日後、同席した新入社員の1人が新型コロナを発症。倦怠感と微熱が続いていたAさんが慌てて検査を受けると、結果は“クロ”だった。

 「居酒屋の扉や窓は開放され、換気が行き届いていました。入店時に手の消毒もした。客席の間にアクリル板の仕切りはなかったですが、店内の客はまばらで客席の間隔も空いていた。それでも感染してしまい、後悔でいっぱいです」(Aさん)

 6月上旬に感染が発覚した大阪在住の30代女性Bさんが感染源として思い浮かべるのは「ママ友ランチ」だ。

 「緊急事態宣言が解除されたので、久々にママ友4人でランチに出かけました。どこにしようか迷ったけど、久々の外食ですし、奮発して焼肉店へ。無煙ロースターで換気のよさを売りにする焼肉店なら大丈夫かなと思ったんですが、結局…。一緒にいたママ友1人も感染したので、恐らくそのときかと思っています。お互い、どっちが感染させたとは言えず、子供たちも濃厚接触者に。なんとも気まずい状況です」(Bさん)

NEWSポストセブン

関連ニュース