記事詳細

「とにかく検査数増」が引き起こすPCRパニック! 全国感染者1300人超も死者なし 村中璃子医師「確たる数字ないなか医療現場は混乱」 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの新規感染が全国で増え続けている。若者中心で無症状や軽症者が多い傾向は変わっていないが、連日「過去最高」と報じられて否が応でも不安感は高まる。無症状者を含めて「誰でも、いつでも」PCR検査を受けられるようにすべきだとの声も強まっているが、かえって混乱を招くとの懸念は消えない。

 東京都では2日、新規感染者が292人報告された。過去最多だった1日の472人に比べると減少したが、検査数が少なかったと考えられる。大阪府が194人、愛知県が160人、福岡県が145人など全国の感染者数は1331人と高水準だったが、死者の報告はなかった。

 感染者数の増加の背景にはPCR検査の件数が増えていることもある。6月ごろまでは1日6000~8000件だったのが、最近では2万件前後で推移している。

 独ベルンハルトノホト熱帯医学研究所の村中璃子医師は、「PCR検査は本来、検査対象者の条件を変えずに流行状況を定点観測するものだが、対象基準を変え、『夜の街』など感染していそうな地域も対象にしたことでこれまでの統計が台無しになっている」と語る。

 とにかくPCR検査の対象や件数を増やすべきだとの声は多い。東京都医師会はPCR検査を受けられる都内の医療機関を1400カ所まで増やす方針を表明、感染が集中している地域では休業補償を伴う強制力のある休業要請に加え、集中的なPCR検査で無症状者も含めた感染者の洗い出しを進めると提言した。

関連ニュース