記事詳細

コロナは「弱毒化」しているのか? 欧米でも死亡率低下 専門家「無症状多く、判別困難」 (1/2ページ)

 日本全国で感染者を出し続ける新型コロナウイルス。ただ、死者数と重症者数の少なさも指摘されている。欧米でもこのところ死亡率が低下していることから、ウイルスが「弱毒化」しているのではないかとの説もある。当否はどうなのか。

 東京都の3日の新規感染者数は258人。検査数が減少する週末分が反映される月曜の数字としては高水準だ。先月28日から3日まで7日連続で200人を超え、先月31日と今月1日には450人超を記録したが、この間の重症者数は15~22人にとどまっている。

 これについては感染から重症化、死亡までは時間差があることや、医療現場のがんばり、コロナ患者への対処の経験値が向上しているといった理由が考えられるが、SNSなどでは、ウイルスが「弱毒化」しているのではとの推測もある。

 ウイルスの変異は、海外でも議論されてきた。ロイターによると、イタリアの著名医師が5月末、新型コロナウイルスが威力を失い、致死力が大幅に低下しているとの見解を示した。世界保健機関(WHO)の疫学専門家が科学的根拠がないと否定するなど論争に発展した。

 また、累計感染者466万人、死者が15万人を超えている米国だが、ドナルド・トランプ大統領は、米国の死者の割合が低下したと強調した。これに対して専門家からは、無症状も多い若者の感染が増加したためだとの声もある。

 新型コロナウイルスの「弱毒化」説の可能性はどれほどなのか。

関連ニュース