記事詳細

コロナに「うがい薬」発言が波紋…吉村知事は釈明 「拙速だ」専門家から批判も (2/2ページ)

 重症化の抑制効果を検証するため、府と大阪はびきの医療センターは今後、患者2千人を対象とした臨床研究を行う方針だ。今回はうがい薬の効果が研究者らの間で認められる前に行政トップの判断で使用を呼びかけたことで、混乱に拍車がかかった面もある。

 日本医師会の中川俊男会長は5日、うがい薬の効果について「現時点ではエビデンス(根拠)が不足していると考えている」と語った。

 京都大の川村孝名誉教授(疫学)は取材に、「うがいは(ウイルスの)入り口の掃除にすぎず、有効かどうかは分からない。今後の研究でメリットよりデメリットが大きいとなれば、逆効果の可能性もある。十分な効能が約束されていないものを人に伝えるのは危うい」と話している。(産経新聞)