記事詳細

【永田町美人秘書】女性好きの議員が正当派美人に激怒したワケ

 うちの議員の大先輩であるA先生はどうしようもないほどの「女性好き」。とりわけ、髪が長くてスラッとした正統派美人にメロメロになる。

 大手広告代理店の元キャリアウーマン、Bさんはまさにそのタイプで、そういう関係だった。Bさんが個人事務所にする物件を探していたところ、永田町近くのマンションにあるA先生の外事務所に目を付けた。

 その事務所は以前、A先生が投資のつもりで買ったものだったが、BさんはA先生の鼻の下が長いのを良いことに、どうやらタダで住み着こうとしていたらしい。

 しかし、A先生はこれを察知して激怒した。「家賃どころか光熱費すらも払う気のないヤツには貸せない!」と断り、2人の関係は決裂した。

 そもそも、A先生が何よりも好きなのはお金の方。お気に入りの女性にご馳走するときでさえ後援会幹部からもらった株主招待券を使い、自分の財布を開くことはめったにない。

 しかも、必ず食べ放題のお店を選び、「遠慮なくどんどん食べろ」と気前良さげに言うという、やはりA先生はどうしようもなく面白い。

関連ニュース