記事詳細

神戸山口組系組幹部、発砲され重傷

 山口県岩国市で15日夜、特定抗争指定暴力団神戸山口組傘下組織の前原順一幹部(52)が拳銃のようなもので撃たれ負傷した事件で、県警は17日までに、幹部は複数箇所を撃たれ骨折や動脈損傷などの重傷だと明らかにした。命に別条はない。殺人未遂事件として、現場から逃走した人物の行方を追っている。

 県警によると、幹部は15日午後9時15分ごろ、岩国市装束町4丁目の自宅近くの路上で何者かに撃たれた。現場はJR山陽線和木駅から南に約1キロの住宅街。