記事詳細

被害額は1000万円超 前澤氏の現金配布企画に便乗した「ギブアウェイ詐欺」とは (1/4ページ)

 ZOZO創業者の前澤友作氏がTwitter上でたびたび開催する、現金の配布企画が注目を集めている。しかしこれに乗して、同氏に成り済まして金銭をかすめ取る「ギブアウェイ詐欺」が6月末に発生した。筆者が概算した限りでは、被害額は1000万円を超えるとみられる。

 犯人はどんな手口で詐欺を行ったのか、そんな詐欺から身を守るためにはどうするべきかを紹介する。

 ◆乗っ取った認証済みアカウントで本人に偽装 画像内テキストで誘導

 今回発生したギブアウェイ詐欺とは、「指定した額(今回は暗号通貨)を振り込めば、数倍にして返す」とうたって振り込ませ、実際には返さずにそのまま盗むという、至って単純な手口だ。

 同様の手口の詐欺は、7月中旬に起きた著名なTwitterユーザーを狙った大規模なハッキング事件でも確認された。前澤氏が2019年に開催した現金配布企画でも同様の詐欺が起きていたにもかかわらず、今回も1000万円ほどの被害が発生してしまった。

 一見引っ掛かりそうにない手口のようにも思えるが、なぜこれだけの被害が出ているのか。筆者は、犯人がTwitterアカウントの乗っ取りとうまく組み合わせて詐欺を仕掛けたからだと見ている。

 直近の前澤氏による現金配布企画は6月下旬に始まった。既に大量のフォロワーを抱えている同氏は「700万人フォロワーを突破したらお金を配る」と予告。フォロワーが700万人を超え、抽選を知らせるツイートが行われるタイミングに犯人は目を付けた。犯人はあらかじめ用意していた、盗んだ認証済みTwitterアカウントを使って同氏に成り済まし、本人のツイートに返信する形で画像付きのツイートを投稿した。

ITmedia News

関連ニュース