記事詳細

米大統領選、トランプ氏“逆転再選”濃厚!? バイデン氏「高齢不安」「息子の中国疑惑」浮上で勢いにかげり 中国も“再選”に備え始めた (1/3ページ)

 米大統領選(11月3日投開票)に向けた共和党大会が24日開幕し、再選を狙うドナルド・トランプ大統領(74)を、党候補に正式指名した。民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)に「高齢不安」や「認知症疑惑」「息子の中国疑惑」が浮上しているため、トランプ氏は最終日の27日まで連日党大会に登場して、自身の健康やバイタリティー、対中強硬姿勢などをアピールする。米メディアの世論調査では、バイデン氏がリードしているが、トランプ氏も猛追している。習近平国家主席率いる中国も「トランプ再選」を警戒してか、決定的な対立を避けるような動きも見える。

 「米史上、最も重要な選挙に勝利しなければならない」「中国から新型コロナウイルスが入ってくるまでは、経済はとてつもなくうまくいっていた」「民主党を勝利させてはならない」

 トランプ氏は、南部ノースカロライナ州シャーロットで開幕した共和党大会で、こう演説した。中国と民主党への怒りを爆発させた。党大会は2日目以降、中国発の新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、オンラインで開催する。

 候補者は通常、ハイライトとなる最終日の党候補指名受諾演説に集中し、それ以外の露出を控えるケースが多いが、米メディアは「トランプ氏が連日登場する見通しだ」と伝えた。党大会を最大限利用し、自身をアピールする狙いがあるとみられる。

関連ニュース