記事詳細

河野防衛相が初の尖閣視察検討 最終的に外交的配慮から見送り

 河野太郎防衛相が今月上旬、中国の圧力を受けている沖縄県・尖閣諸島の上空からの視察を検討したことが分かった。防衛相の公式な視察はタブー視されてきて過去に例はない。実現すれば初めてで河野氏は前向きだったが、最終的に外交的な配慮などから見送られた。複数の防衛省関係者が明らかにした。

 河野氏は8、9両日、沖縄県の宮古島と与那国島を訪ね、陸上自衛隊と航空自衛隊の部隊を視察した。この日程の中で、尖閣諸島を視察しようと水面下で検討を進めた。

 防衛省内には、中国を刺激し、状況の悪化を招くとの慎重論もあった。政府関係者は「(河野氏は)今はやめておくという判断で、いずれ行くかもしれない」と話している。

関連ニュース