記事詳細

国民・玉木代表、残りの党資金「40億円台半ば」 約50億円から下方修正

 分党する国民民主党で、立憲民主党への合流組と不参加組の間で争奪戦となる党資金について注目の発言だ。玉木雄一郎代表が26日の記者会見で、党に残っている資金について「40億円台半ば」と述べた。これまで約50億円としていたが、下方修正した。

 玉木氏は12日のBSフジ番組で「50億円くらい」と述べていたが、この日の会見では「詳細は把握していないが、現在50億円ないことは確実だ。いろいろ使って40億円台半ばだったと記憶している」と説明した。

 一方、両党の支持組織の連合は26日、合流新党を「総体として支援する」方針を確認した。ただ、国民を支持してきた6つの産業別労働組合は、合流新党の綱領に「原発ゼロ社会を一日も早く実現」などと明記されたことに反発を強めている。

関連ニュース