記事詳細

内閣改造はいつ? 安倍首相「体調不安説」で、ざわつく自民 (2/2ページ)

 党役員人事に関しては、岸田文雄政調会長が24日の記者会見で「多少の前後はいくらでも対応できる」と述べ、後ろ倒しもあり得るとの見方を示した。現在の党役員の任期は9月末で切れるが、党則は後任が決まらない場合は引き続き職務に当たると規定しており、延長は可能だ。近年では27年と30年に内閣改造の時期に合わせ、党役員の任期が10月まで延長された。

 最近は新型コロナ対応などを理由に「大胆な入れ替えは難しいのではないか」(自民党関係者)と語る向きは多い。待機組の一人は「あまり期待しないで待っている」と自嘲気味に語る。党幹部は「今後の政治日程は首相の体調次第だ」と語った。(広池慶一 産経新聞)

関連ニュース