記事詳細

安倍首相、辞任の意向固める 夏季休暇3日 激務で体調悪化

 安倍晋三首相は28日、辞任する意向を固めた。新型コロナウイルス感染症への対応で、年明けから6月20日まで147日連続で執務するなど激務が続いており、健康状態の悪化が理由とみられる。複数の関係者が明らかにした。

 首相は今月17日、東京・信濃町の慶応大病院に約7時間半滞在し、日帰りで検診を受けた。官邸関係者は「休み明けの体調管理に万全を期すためだ」と強調。病院関係者は、6月13日に首相が受診した人間ドックの「追加検査」だとしたが、健康状態を不安視する声が出ていた。

 首相は24日にも慶応大病院で受診。首相は受診後、官邸で記者団に「先週の検査の結果を詳しく伺い、追加的な検査をした」と説明。検査結果については「またお話をさせていただきたい」と話し、具体的に言及しなかった。

 首相は平成18年9月に第1次内閣を発足。しかし、持病の潰瘍性大腸炎が悪化し約1年で退陣した。24年12月の第2次内閣発足以降は薬の効果もあり、長期政権を実現。今月24日には連続在職日数で歴代最長の佐藤栄作を抜き1位となった。近く説明する機会を設ける考えを示した。首相は歴代最長を更新したことについては、「体調管理に万全を期し、これからまた仕事を頑張りたい」と述べていた。

 首相の体調に関しては、自民党の甘利明税制調査会長が16日のフジテレビ番組で、「ちょっと休んでもらいたい。責任感が強く、自分が休むことは罪だとの意識まで持っている」と述べるなど政府・与党から気遣う声が多数上がっていた。しかし、首相が「夏季休暇」として職務を休んだのは16日からの3日間だけで、19日から公務を再開していた。(産経新聞)