記事詳細

高須院長、町山智浩氏・香山リカ氏・津田大介氏を刑事告発 大村知事リコール「署名で個人情報漏洩」デマで

 愛知県の大村秀章知事(60)に対するリコール運動(解職請求)をめぐり、ネット上で「署名した人の個人情報が漏洩(ろうえい)する」といったデマが流れた問題に進展があった。発起人である「高須クリニック」の高須克弥院長(75)が、デマ情報を流布したとする著名人3人を、愛知県警に刑事告発し、ツイッター社にアカウントの凍結・停止を求めて通告したのだ。

 「私たちは現在、愛知県と日本のために署名運動を行っているのに、極めて悪質な妨害行為というしかない」

 高須院長は1日、名古屋市で開いた緊急会見でこう語った。

 大村氏は、税金が投入された昨年の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で、昭和天皇の写真をバーナーで焼き、その灰を足で踏みつけるような映像作品などの公開を認めた。高須院長は8月25日から、リコールの署名活動を始めている。

 ところが、多数のフォロワー数を持つ著名人らが、「署名参加者の個人情報が漏洩する」とした趣旨の投稿を行ったため、これを不安視する人々から、「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会」事務局に問い合わせが殺到したという。

 愛知県選挙管理委員会に確認したところ、署名を行う受任者や署名者の個人情報が漏洩することはなく、デマだった。

 このため、高須院長らは先月末、ツイートした映画評論家の町山智浩氏と、精神科医の香山リカ氏、芸術祭で芸術監督を務めたジャーナリストの津田大介氏がリツイート(拡散)したとして、地方自治法第74条4(署名運動の妨害)違反の容疑で愛知県警に告発した。

 また、ツイッタージャパン社に対しても、署名活動中の2カ月間、3人のアカウントを停止するよう通告書を送付した。

 高須院長は「こちらが正しい情報を伝えても、悪い情報が伝わるスピードの方が常に上回る」「今後もリコール運動を妨害する人に対策を講じていく」と語った。

関連ニュース