記事詳細

【永田町美人秘書】電話1本で「総裁選」推薦依頼のお手軽

 安倍晋三首相が辞任表明した金曜日(8月28日)、「プレミアムフライデーだから」と、久しぶりに先生と夕食を食べていたところ、先生の携帯の着信音が鳴った。

 「もしもし…。あっ、はい。お久しぶりです!」

 携帯を持たない方の手で「ゴメン!」というジェスチャーをしながら、先生は席を外した。そしてすぐに戻ってきて、話すことに…。

 「A先生からだったんだけど、総裁選に出たいから、推薦人になってくれだって!」

 A先生というのは、かねてから「総理を目指す」と公言しながら、誰からも本気にされていないことで有名な人。それで推薦人になるの?

 「まさか! A先生とは、一緒に飲みに行ったこともないし、ごちそうになったことも一度もない」

 せめて銀座の高級すし店に招待して、「推薦人になってください」と頭を下げるべきですよね。

 というのは冗談だけど、電話1本で推薦を依頼するなんてずいぶんお手軽。こんなA議員が総理総裁になることは絶対にあり得ないわ。

関連ニュース