記事詳細

次期首相“本命候補”菅義偉氏の外交手腕 軍事的覇権を強める中国と“反日暴挙”繰り返す韓国への断固たる姿勢重要 『親中派』二階氏の影響で揺らぐ可能性も (1/3ページ)

 自民党総裁選(8日告示、14日投開票)で、大本命とされる菅義偉官房長官(71)は2日夕、立候補を正式表明した。党内7派閥のうち5派閥の支持を取り付け、岸田文雄政調会長(63)と石破茂元幹事長(63)を大きく引き離している。このまま「次期首相」となれば、新型コロナウイルス対策と経済政策に加え、米中対立が激化するなかでの「外交手腕」が問われる。特に、軍事的覇権を強める習近平国家主席率いる中国と、数々の「反日」暴挙を繰り返す文在寅(ムン・ジェイン)大統領の韓国への断固たる姿勢は重要だ。安倍晋三首相のアドバイスを受けるべきだという識者もいる。

 「日米関係というのは、わが国の外交の基軸である」「安倍首相が全身全霊を傾けて進めてきた取り組みを継承し、さらに前に進めるために持てる力を全て尽くす覚悟だ」

 菅氏は2日の出馬会見でこう語った。

 安倍政権のスポークスマンとして7年8カ月間、菅氏は「黒子役」として内政中心で仕事をこなしてきた。官房長官として、安倍首相とドナルド・トランプ米大統領の電話首脳会談のすべてに同席したが、外交は安倍首相がほぼ一手に握り、国際社会での日本の存在感を高めた。

関連ニュース