記事詳細

韓国、次の首相に石破氏を熱望? 「安倍首相とは反対の立場」という期待感 “ポスト安倍”韓国メディアの評価は (2/2ページ)

 石破氏をめぐっては、2017年5月の東亜日報が、慰安婦問題をめぐって「(韓国で)納得を得るまで(日本は)謝罪するしかない」と述べたとするインタビュー記事を掲載。石破氏は発言を否定した。

 龍谷大教授の李相哲氏は「韓国では、石破氏が首相になれば関係が改善されると期待する声が出ている。これまで強硬姿勢を貫いた安倍首相とは反対の立場ということが背景にある。ただ日韓関係において、すべてのボールは韓国側にある。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が変わるのであれば日韓関係は改善するかもしれないが、誰が日本の首相でも韓国の反日姿勢に変わりはないだろう」と分析した。

関連ニュース