記事詳細

菅官房長官、衆院解散は「状況次第」 コロナと関連付け言及

 自民党総裁選で、大本命とされる菅義偉官房長官が「衆院解散」に言及した。フジテレビの報道番組で3日、総裁選後に新首相が衆院を解散し、国民の信を問う可能性を聞かれ、菅氏は「状況次第だ。新型コロナウイルス感染が終焉(しゅうえん)を告げられるかどうかだろう」との見解を示した。

 解散について、菅氏は「誰が後継になるか分からず、なった人の判断。ただ、コロナ禍で国民が何をしてほしいのか客観的に考えるべきだ」と指摘した。政権にとって、新型コロナ対策が最優先課題であり、社会経済情勢の見極めが求められるとした。

 また、首相に必要な資質については、「全体を動かす力だ。国民の理解がなければ動かせない。自らの強い意志、判断力が必要になる」と強調した。

関連ニュース