記事詳細

「血なまぐさい粛清」経て復活…党重要部署を金与正氏が掌握か (1/3ページ)

 北朝鮮の朝鮮労働党が最近、司法・公安機関を統括する「組織行政部」を党中央委員会に新設し、金才龍(キム・ジェリョン)前内閣総理を部長に任命したとの情報が出ている。

 金才龍氏は8月13日の党中央委員会第7期第16回政治局会議で内閣総理を解任されると同時に、党副委員長と党中央委の部長に就任したが、担当部署は明らかにされていない。

 一方、韓国紙・朝鮮日報は8月21日、対北消息筋の情報として、北朝鮮が「司法・検察・保衛(秘密警察)・安全(警察)関連組織を担当する組織行政部を労働党中央委に新設するもようだ。7年前、金正恩が叔父である張成沢(チャン・ソンテク)前党行政部長の処刑に伴って解体した行政部を、名称だけ変えて復活させるもの」と報じていた。

 これに加え、韓国デイリーNKは今月3日、北朝鮮の内部情報すの話として、組織行政部を新設した目的は「司法・検察・保衛・安全の各機関を掌握・指導する機構を通じて規律と秩序を統制し、党の唯一的領導体系を保障するところにある」と伝えた。

 デイリーNKはさらに、同部のトップに金才龍氏が任命されたとし、その背景について「金才龍は党の政策を正しく把握して展開することの出来る、高い党性(忠誠心)を身につけたイルクン(幹部)でありながら、司法や検察、保衛、安全の各機関と何ら関わりを持ってこなかった純粋(ニュートラル)な人物だから」(消息筋)であると伝えた。司法・公安分野の利権や派閥争いと無縁である点が評価されたと見られる。

デイリーNKジャパン

関連ニュース