記事詳細

対韓強硬「菅首相」に文大統領は戦慄か 韓国メディアは石破氏に期待も…識者「韓国への姿勢、菅氏しか信頼できない」 (1/3ページ)

 安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選(14日投開票)は、世界各国が注目している。中でも、「戦後最悪の日韓関係」に直面する韓国は、次期リーダーの対韓姿勢に戦々恐々としているようだ。数々の反日暴挙を繰り返してきた文在寅(ムン・ジェイン)政権に対し、石破茂元幹事長(63)と、菅義偉官房長官(71)、岸田文雄政調会長(63)の3候補は、毅然(きぜん)とした外交姿勢を貫けるのか。韓国の対日動向と、総裁候補の対韓姿勢に迫った。

 

 「石破元幹事長けん制のため略式選挙を推進?」(ハンギョレ日本語版、8月31日)

 「ポスト安倍の韓日関係、韓国が主導権を握ることができる」(朝鮮日報日本語版、5日)

 「韓日メディア関係者が討論会開催 『ポスト安倍』も関係改善難しいと予想」(聯合ニュース日本語版、8日)

 韓国メディアは、安倍首相の辞任表明(8月28日)以降、このように「ポスト安倍」に関連するニュースを連日報じている。特定候補への肩入れや、「なぜ、韓国が主導権?」と疑問に感じる記述もあるが、冷え切った日韓関係を懸念しているようだ。

 文大統領が陣取る韓国大統領府(青瓦台)も3日、徐薫(ソ・フン)国家安保室長主宰の国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、韓日関係について協議したという。

関連ニュース