記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び》子供たちに「世の中のすばらしさ」伝えたい 車いすダンス再始動 (2/2ページ)

 コロナの感染拡大で約半年、小中学校への訪問がなくなっていたが、9月末から再開する。子供たちの距離を確保し感染を防止するため、観覧人数を減らす代わりに3回講演するなど、メンバーにとっては体力的にハードな内容になるが、「夢をあきらめないこと、自分を大切にすること、周りの人と一緒に生きるすばらしさを伝えたい」と意気込んでいるという。

 コロナ禍で楽しみの減ってしまった子供たちにとって、生き方を学ぶだけでなく、またとないエンターテインメントにもなるだろう。みなさんも、機会があればぜひ車いすダンスをみてほしい。車いすの高速スピンなど迫力もあり、見どころがいっぱいだ。(K)

 大阪の教育担当、43歳。

【zak女の雄叫び】取材や日常…。女性記者が本音を綴るリレーコラムです。