記事詳細

中国軍機が台湾を異常挑発! 異例の多さ…防空識別圏侵入40回以上か

 中国軍による異常な軍事挑発が明らかになった。台湾の国防部は10日、記者会見を開き、中国空軍の戦闘機「Su-30(スホーイ30)」や「殲10」など多数の軍用機が9日から10日にかけて、台湾南西の防空識別圏に相次いで侵入したと発表した。台湾メディアは計40回以上で「異例の多さ」と伝えた。台湾側は軍用機が緊急発進(スクランブル)するなどして対応した。

 習近平国家主席率いる中国軍は、アレックス・アザー米厚生長官の8月の台湾訪問前から、南シナ海や東シナ海、渤海、黄海などの海域で軍事演習を繰り返し、台湾の南西空域に軍用機を繰り返し侵入させるなど、露骨な挑発を続けている。

 一連の軍事行動は、米台接近に対する「不快感表明」との見方もある。挑発行為や偶発的な衝突事故が、武力衝突や戦争に発展する危険もある。

関連ニュース