記事詳細

自民総裁選「女系天皇」主張比較 菅・岸田両氏は「男系天皇」の重要性強調 石破氏「女系という選択肢は排除しない」 (1/2ページ)

 自民党総裁選(14日投開票)は、石破茂元幹事長(63)と、菅義偉官房長官(71)、岸田文雄政調会長(63)が、新型コロナウイルス対策や、経済政策、外交・安全保障、安倍路線の継承などをめぐって持論を展開している。3人の違いが徐々に明らかになりつつあるが、皇位継承で「女系天皇」を容認するか否かでも、違いは明確といえそうだ。

 大前提として、皇位は、初代の神武天皇から第126代の天皇陛下まで、一度の例外もなく父方を遡(さかのぼ)れば天皇にたどり着く「男系継承」である。

 これを踏まえて、党内7派閥のうち5派閥の支持を得て大本命の菅氏は先月25日の記者会見で、「安定的な皇位の継承の維持は、国家の基本に関わる極めて重要な問題だ。男系継承が古来例外なく維持されたことの重みなどを踏まえながら、慎重かつ丁寧に検討を行っていく必要がある」と語った。

 岸田氏は同月24日の記者会見で、「男系天皇を今日までずっと維持してきた歴史の重みを強く感じており、しっかりと受け止めたうえで考えたい」と述べ、男系天皇の重要性を強調した。

 これに対し、石破氏は産経新聞のインタビュー(8日掲載)で、「天皇陛下の存在があって初めて日本国はある。皇室がなくなったらどうするのか。女系という選択肢は排除されるべきではない」と語っている。

関連ニュース