記事詳細

安倍首相、異例の「安保談話」は次期政権への“宿題”か 党内で“暗闘勃発”も? (2/2ページ)

 安倍首相の談話について、左派勢力は「言語道断」「暴挙」などと批判しているが、国民をどう守るつもりなのか。

 首相談話は11日の国家安全保障会議(NSC)で了承されたが、閣議決定は行っていない。与党内での“暗闘勃発”を感じさせる。

 自民党総裁選で優位に立つ菅氏は記者会見で「与党の議論も受け止め、政府内で引き続きしっかり議論を行っていく考えに変わりない」と語った。対応次第で、党内基盤にも影響しそうだ。

関連ニュース