記事詳細

トランプ氏がバイデン氏に「ドラッグ疑惑」の爆弾投下! (1/3ページ)

 アメリカ大統領選挙は、9月末から始まるテレビ討論会に向けて熱を帯びてきた。トランプ大統領とバイデン氏の議論は必ずしもかみ合っていないが、米国民の関心のひとつは2人の年齢と健康問題だ。バイデン氏77歳、トランプ氏74歳。それぞれメディアでは健康不安や持病、果てはバイデン氏の痴呆症疑惑まで取り沙汰されている。そこにトランプ氏がさらなる爆弾を投下した。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏がリポートする。

 * * *

 トランプ大統領は、9月29日に行われる第1回のテレビ討論会を前に強烈な先制攻撃を仕掛けた。民主党のバイデン候補に「ドラッグテスト」を要求したのである。

 すでに陣営の作成したYouTube動画で、「ドラッグをやっているかどうかはっきりさせろ」と要求し、さらには「トランプ・チャンネル」と呼ばれることもあるFOXニュースの売れっ子女性アンカーウーマンであるローラ・イングラムによるトランプ氏本人への独占インタビューでも、自らの口で明確に要求した。

 それらの主張によれば、トランプ氏は、民主党予備選の討論会などで、バイデン氏が元気すぎて、何かドラッグを使っているのではないか、と疑いを持ったのだという。

NEWSポストセブン

関連ニュース