記事詳細

【編集局から】ついに来たか…新型コロナ接触確認アプリで同居人に通知が

 ついに来たかと思いました。新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」上で先日、同居人のアプリに陽性者との接触が通知されたのです。しかも同居人には微熱や軽いせきという症状もあり、勤務先に連絡をするとすぐさま当面の出社勤務を自粛するよう言い渡されました。

 自治体に連絡をして、3日後にPCR検査を実施することに。実際には病院側から連絡を受け検査日時が早まるなど、運が良かったのか検査体制が逼迫(ひっぱく)しているという印象はありませんでした。

 検査までの間、私自身も濃厚接触者である懸念がぬぐえないため、外出を全面的に自粛。買い物もすべてネットスーパーに切り替え、いつまで外に出られないかもわからず保存のきく食品を買いためます。

 検査当日は、病院までの移動はタクシーを利用するよう保健所から要請を受けました。タクシー会社には事情を伝えたうえで配車を依頼するわけですが、そういった例も少なくないようで警戒されるどころか慣れた対応だったとか。病院では検査を受けるまでほかの患者に遭遇せず、到着から10分程度で検査終了。費用も公費で賄われるため、自己負担は初診料のみでした。

 検査結果は無事陰性。2度目がないことを祈るばかりです。(R)