記事詳細

「人間も動物も無条件で銃撃する」北朝鮮警察、コロナ対策で警告 (1/3ページ)

 先月20日と24日、北朝鮮・両江道(リャンガンド)の三池淵(サムジヨン)で、脱北して中国に暮らしていた女性3人が北朝鮮に再密入国しようとして逮捕される事件が起きた。が、うち1人は中国で新型コロナウイルスの陽性判定を受けていたことが判明した。

 また、事件との関係は不明だが、事件後の先月27日から三池淵と道庁所在地の恵山(ヘサン)が完全封鎖状態に入ったと伝えられている。

 (参考記事:「死ぬなら故郷で」…北朝鮮「中国で陽性判定」の女性を銃殺か

 相次ぐ密入国事件に当局は国境警備をさらに強化している。韓国デイリーNKは、両江道の内部情報筋を通じて、社会安全省(警察省)が先月25日に、現地で配布した布告文の写真を入手した。タイトルは「北部国境封鎖作戦を支障を与える行為をしないことについて」というものだ。

 その概要は次のようなものだ。

 (1)国境封鎖線から1~2キロの地域を境に厳重地帯を設定する

 (2)国境沿いの道路、鉄道の夜間運行を禁止する

 (3)厳重地帯や国境沿いの道路、鉄道に許可なく接近すれば人も動物も無条件で銃撃する

 (4)北部国境一帯に設定された行動秩序を厳格に守り、祖国の安全と人民の安寧を死守すること

 金正恩党委員長は、新型コロナウイルス対策の防疫ルール違反者には軍法をもって臨むよう関係当局に指示しており、布告文の「無条件で銃撃」が、それに沿ったものであるのは間違いない。

 (参考記事:「現場を見た男女は気絶した」金正恩、北部国境で軍人虐殺

デイリーNKジャパン

関連ニュース