記事詳細

派閥への配慮は?「菅内閣」の顔ぶれ最終予想! 橋下徹、三原じゅん子氏らサプライズ起用あるか? (1/2ページ)

 菅義偉官房長官(71、無派閥)は、14日の自民党総裁選で第26代総裁に選出された。15日の党役員人事では二階俊博幹事長(81、二階派)を留任させる方針を固めた。16日の首相指名選挙で新首相に選出後、直ちに組閣に着手する。「秋田出身の苦労人」という菅氏が発足させる新内閣はどんな陣容になりそうか。

 「国民のために『働く内閣』をつくっていく」

 菅氏は新総裁に選出後、こうあいさつした。

 注目の閣僚人事だが、自身が無派閥ながら、党内7派閥のうち5派閥の支持を得て新総裁になっただけに、派閥の意向に配慮せざるを得ない。

 最新の永田町情報は別表の通りだ。

 麻生太郎副総理兼財務相(79、麻生派)は「副総理だけ続投」との見方も一時あったが、財務相の続投も固まったようだ。

 各省庁を調整・統括し、内閣のスポークスマンも務める官房長官には、菅氏と同じ神奈川県選出で、発信力のある河野太郎防衛相(57、麻生派)や小泉進次郎環境相(39、無派閥)のほか、第2次安倍内閣で官房副長官として菅氏を支えた、萩生田光一文科相(57、細田派)や、旧大蔵省出身の加藤勝信厚労相(64、竹下派)が有力視されている。

関連ニュース