記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】アベノミクスが残したもの 雇用確保で歴代最高の成果、菅政権は減税と改革進めよ (1/2ページ)

 16日の臨時国会で、菅義偉氏が新首相に正式に選出された。ここで、7年8カ月余り続いた安倍晋三政権の功績を振り返り、菅政権でさらに進めるべき課題について考えたい。

 安倍政権の功績は、(1)経済(2)安全保障(3)外交と分けられる。

 まず(1)では、顕著な雇用の確保を達成したことが挙げられる。筆者は、経済を評価するとき、雇用の確保ができれば60点の及第点をつける。さらに所得の向上があればいい。この評価基準は安倍政権に限らず、政権を経済面で評価するときには同じである。

 雇用の確保については、失業率の低下と就業者数の増加でみる。これらの統計数字をさかのぼることができる1953年以降、29の歴代政権において、失業率低下と就業者数の増加をみると、失業率低下で1位、就業者数増で2位という断トツの成果だ。失業率低下と就業者数増加を同時に達成できたのは、29政権中、10政権しかない。

 (2)では、安全保障法制を成立させ、日本の戦争確率を減少させることができたことだ。戦後に日米安保同盟を締結、延長させたのに匹敵する快挙だ。

 (3)では、日米同盟関係が史上最高に良くなった。日米首脳がゴルフ会談により多くの時間を割くなど、これまで考えることができただろうか。

 (1)の経済についてさらに細かく言えば、アベノミクスは、マクロ経済政策である緩和的金融政策と積極的財政政策、ミクロ政策の成長戦略から成り立っている。

関連ニュース