記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】菅内閣は「危険を感じない安心内閣」 萩生田文科相には抜本的な教育改革を求めたい (1/2ページ)

 自民党の菅義偉総裁は16日、衆参両院の首相指名選挙で第99代首相に選出された。前日夜には、菅内閣の陣容は決まり、当日の朝刊には閣僚名簿が掲載されていた。第一印象は「危険を感じない安心内閣」だった。

 私が注目していたのは、菅内閣の外交・安全保障方針で、外相と防衛相のポストだ。再任の茂木敏充外相は「自由で開かれたインド太平洋」を重要視しており、ドナルド・トランプ米大統領からも「タフ・ネゴシエーター」と呼ばれるほど評価されている。11日には日本と英国の新たな経済連携協定(EPA)を大筋合意させた。

 岸信夫防衛相は初入閣だが、外務副大臣や衆院安全保障委員長などを歴任してきた。7年8カ月もの間、日米同盟を強化してきた安倍晋三前首相の実弟でもある。安倍氏も「一議員として新体制支える」と話しており、周囲の支えが期待できる。

 教育行政を所管する文科相には萩生田光一氏が再任された。一部週刊誌が8月、文科省で教科書検定を担当する調査官が「北朝鮮のスパイリストに掲載されていた」と報じた。

 教育は日本の未来の礎であって、そのような報道を見過ごしてはならない。萩生田氏は報道を否定したが、そもそも日本の子供たちが使用する教科書には、慰安婦や南京事件など疑問を感じる記述が多い。萩生田氏には抜本的な教育改革を求めたい。できないなら交代した方がいい。

関連ニュース