記事詳細

文在寅氏が目を背ける、金正恩式「公開処刑」の不都合な真実 (1/3ページ)

 韓国のNGO、北朝鮮人権情報センター(NKDB)は16日に発表した「2020北朝鮮人権白書」で、「金正恩時代になり、北に送り返された脱北者に対する処罰が強化されるなど、社会全般にわたって処罰強度が高くなった」とし、「そのため拘禁施設内の環境が劣悪になった」との分析を示した。

 NKDBは傘下の北朝鮮人権記録保存所が、2007年から毎年白書を発表している。

 今回の白書は「(金正恩政権が誕生した)2010年代は、2000年代に比べて生命権、被疑者と拘禁者の権利、労働権、財産権侵害のレベルが相対的に高く、多く発生した」とし指摘。さらに、「特に政権安定、社会秩序と治安維持のための非公開処刑などの割合が増加し、生命権侵害が大幅に増えた」としている。

 一方、ここでは言及されていないが、金正恩時代になり公開処刑の残虐性が増したのも事実である。大口径の4連高射銃を使用するなど「金正恩式」とも言えるその手法は、衛星写真などを通じて実態が把握されている。

 (参考記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩の残酷ショー

 韓国の文在寅政権は、朝鮮半島の平和統一を目指しているわけだが、その途上において北朝鮮の人権状況の改善を避けて通ることはできない。北朝鮮の人権状況を韓国と同じ水準に持ち上げることなしに、両国民の幅広い交流と融和は望めないからだ。

デイリーNKジャパン

関連ニュース