記事詳細

「軍幹部はボディブローで崩れ落ちた」北朝鮮“クーデター未遂”の真相 (1/2ページ)

 今から25年前、北朝鮮で起きたとされる「第6軍団クーデター未遂」事件。その内容については巷間、次のようなストーリーが伝えられている。

 1994年7月に金日成主席が死去。権力の空白を狙った軍団の政治委員が、クーデターを画策して軍団幹部数十人を抱き込んだ。説得に失敗した軍団長を毒殺し、首都・平壌への侵攻を計画していたところ、下級将校の密告で発覚。金正日総書記が新軍団長として派遣した金永春(キム・ヨンチュン)が首謀者らを一掃し、クーデターを未然に防いだ--。

 金永春はその後、日本の防衛相に相当する人民武力部長、軍総参謀長、国防委員会副委員長などを歴任し、金正日時代を代表する軍の実力者となった。

 韓国に亡命した元駐英北朝鮮公使の太永浩(テ・ヨンホ)氏は自身のブログで、次のように書いている。

 「北朝鮮の内部では、金永春が未然に制圧したとされる『第6軍団クーデター説』は、彼が昇進を目的に大げさにねつ造した事件であり、軍団幹部らが中国との外貨稼ぎで意気投合していたのは事実だが、クーデターを企てたというのは事実無根であるとの噂が出回りました」

 そして最近、やはり脱北者で韓国紙・東亜日報の記者であるチュ・ソンハ氏も、同事件の「ねつ造説」を唱えている。同氏が、北朝鮮の最高幹部が親せきに語った話として伝えたのは、軍歴のない金正日が軍を掌握するため、密輸による外貨稼ぎで腐敗していた第6軍団を反逆者に仕立て上げ、自らの恐ろしさを見せつけるための生贄にした、というものだ。

デイリーNKジャパン

関連ニュース