記事詳細

開成高校「兄弟替え玉」で退学処分発覚 謎が謎を呼ぶ大騒動 (3/3ページ)

 謎だらけの騒動について開成高校に取材を申し込むと、事務長が応対した。

 「Aの退学は事実です。未成年なので詳細は控えさせていただきたいが、“替え玉受験”ではありません。受験した本人は正当に合格しています。ただ、その権利を使って違う生徒が通っていたということです。そういう事実が判明したので、適切に対処したということ」

 替え玉受験ではなく「替え玉通学」だったという説明だが、合格者である「A」と、実際に通っていた「別人」の関係については「ノーコメント」を繰り返すのみ。その後、開成高校の野水勉校長を直撃すると、こんな答え方をした。

 「ノーコメントです。(通っていた)当該の生徒も傷つくし、(合格した)もうひとりも傷つく」

 ただ、不正入学があったとなれば、本来は入学できた受験生が一人、不合格になったことになる。野水校長にそう問うと、「なんとも言えないですね。そういうとらえ方にはならないと思うが」と答えるのみだった。

 そもそも、別人のフリをして開成高校に通い、隠し通せたところで、“自分と違う名前の卒業証書”が手に入るだけ。“東大に最も近づける教育”をどうしても受けたかったということなのか? 日本一の進学校で前代未聞の騒動である。

 ※週刊ポスト2020年10月9日号

NEWSポストセブン

関連ニュース