記事詳細

コロナで窮した地下アイドル「接触仕事に舞い戻り」と嘆息 (3/3ページ)

 「リフレ店って、リフレクソロジーをする店なんだけど、添い寝とか、店によってはこっそり『裏オプション』と言われる、それ以上のサービスもやる。思いっきり違法なやつ。コロナに感染したらどうしようって気持ちもあるし、また接触系の仕事かと思うけど、リモートでアイドルやってても見向きもされないし、おかしくなりそうだった。結局こっちの方が向いてるのかもしれない。そう思うと寂しいけど」(丸山さん)

 もちろん、リフレ店のほとんどは、施術者がコスプレをしていても足つぼなどのマッサージをするだけの店だ。有資格者をそろえた真面目な店も多い。ただ、一部に、風俗営業法で禁じられているサービスを提供する店も存在する。これらの秘密サービスは新型コロナウイルスの感染拡大より前から見られたものだが、今はそれをセールスポイントにして客集めにつとめている店もあるのが実態だ。濃厚接触を避けたいと客足が遠のいたのに、特別な接触が客寄せの目玉になるとは皮肉なことだ。そして、収入を確保したい丸山さんは、危険を感じつつも、その仕事で稼いでいる。

 海外では、ウイルス感染のリスクを減らすために、富裕層が非富裕層に買い物の代行を頼むなど、極力、人との接触を避ける動きがあり実践している。ここ日本でも、ウーバーイーツなど出前サービスが盛況なのは、人が多くなりがちな店舗へ出向かず接触を避ける理由もあるだろう。買い物も、配達も、様々なサービスも、アフターコロナの世界では「接触」を伴う仕事は非富裕層が受け入れるものになりつつあるのだろうか。

NEWSポストセブン

関連ニュース