記事詳細

ノーベル賞、意外な大穴候補 日本勢は3年連続受賞なるか!? (1/2ページ)

 5日からノーベル賞ウイークが始まる。2018年に本庶佑・京大特別教授(78)、19年に吉野彰・旭化成名誉フェロー(72)が受賞した日本勢だが、3年連続の受賞はあるのか。科学ジャーナリストでNPO法人21世紀構想研究会理事長の馬場錬成氏に聞いた。

 5日発表の医学・生理学賞では、がんや糖尿病、パーキンソン病、潰瘍性大腸炎などにかかわる「小胞体ストレス応答」を研究する森和俊・京大教授(62)が昨年に続き有力だ。

 ノーベル賞の登竜門「クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞」に選ばれた中村祐輔・がん研究会がんプレシジョン医療研究センター所長(67)はがん細胞の分裂に着目し、従来の抗がん剤治療と異なり、副作用の苦しみから解放される分子標的治療薬の開発にも貢献している。

 6日の物理学賞では、高温超電導に関する理論研究の第一人者、十倉好紀・理化学研究所センター長(66)は、磁気ハードディスクやメモリデバイスなどに応用可能な電気と磁石の性質を併せ持つ新物質の研究などの成果を持つ。

 リニアモーターカーにも応用された鉄系超伝導物質を発見した細野秀雄・東工大栄誉教授(67)らの業績も引き続き注目だ。

関連ニュース