記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】過熱しすぎた「トランプたたき」 景気回復の足を引っ張るのはバイデン氏と民主党陣営 (1/2ページ)

 ドナルド・トランプ米大統領が先週2日(現地時間)、新型コロナウイルスに感染したというニュースは世界中に衝撃を与えた。一時、重篤説も流れたが、トランプ氏は4日、入院先の首都ワシントン近郊のウォルター・リード軍医療センターに集まった支持者の前に車で現れ、車内から手を振って復活ぶりをアピールした。

 トランプ氏は翌5日に歩いて病院を去った。大統領選の投開票まで1カ月を切るなか、世界の脅威である新型コロナを克服したようだ。

 一方の民主党ジョー・バイデン前副大統領は、トランプ夫妻の早期回復を祈っていると表明したが、「科学者の見解に従うべきであって、政治問題化してはならない。ウイルスは自然になくなるものではない」と批判している。しかし、新型コロナを政治問題化しているのは、民主党とバイデン氏ではないのか。

 バンデン氏は再び都市封鎖を訴えて、異常なまでマスクの着用にこだわっている。マスクさえすればコロナ前の社会に戻るとでも本気で思っているのだろうか。

 そもそも、マスクの着用を義務化することは、国民一人一人の判断力を否定した画一的な政策だ。個人が着用の必要性を判断すればいいのに、バイデン氏は国民の判断を信用していない。自由主義社会とは、真逆の政策を打ち出している。

 州によっては、今もレストランや美容院の営業が禁止されている。その多くは自治体のトップが民主党陣営だ。

関連ニュース