記事詳細

裏社会ジャーニー(17)~高知東生さんにインタビュー~ 違法薬物から脱し人生に向き合う姿に感銘 (1/2ページ)

 【丸山ゴンザレスの地球の果ての歩き方】

 これまでに世界中の危険地帯を旅してきたが、現在のところコロナ禍の影響で国外に行くことができない。そこで現在のところ唯一リアルタイムで取材できているYouTube「丸山ゴンザレスの裏社会ジャーニー」という番組を軸に様々なテーマを紹介していきたい。

 今回は「高知東生さんにインタビュー」である。

 「高知さんに声をかけてみよう」

 そんな感じでYouTubeでプロデューサーをしている草下シンヤが提案したのは8月のことだった。

 高知東生さんが自伝『生き直す 私は一人ではない』(青志社)を発売して、それが面白そうなので、本番組でインタビューできないかと企画会議で提案したのだった。

 正直なところ実現するならいいけどと若干「無理前提」と思いながら同意した。

 高知さんといえば、2016年に覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の容疑で逮捕されている。逮捕時に女性と一緒のラブホテルだったことで不倫も発覚し、当時結婚されていた高島礼子さんと離婚にも発展していた。その後、懲役2年執行猶予4年を受けている。

 それだけに本人も自伝は書いたとはいえ発言しにくいこともあるだろうし、取材など受けてくれるものだろうかと思っていたのだ。

 ところが予想に反して快諾してくれた。

 インタビュー当日に現れた高知さんはイメージしていた輪郭よりもふっくらとしていた。表情も柔らかかった。

 そこに目がいったのは前日までに駆け足で読んだ自伝に掲載されていた写真の目力が半端ないもだったことがある。気の弱い人だったら思わずページから目をそらすのではないかと思えるほどだった(さすがに大げさと思う人はぜひ確認してもらいたい)。

 インタビューでは、高知さんの生い立ちから青春時代、上京しての苦労話、芸能界での活躍と逮捕に至るまで、ありとあらゆる話をしてくれた。

関連ニュース