記事詳細

【歳川隆雄 永田町・霞が関インサイド】菅首相補佐官の“凄すぎる人脈” 経済・外交政策担当の阿達雅志氏“官邸入り”の背景 (1/2ページ)

 菅義偉首相が行った官邸スタッフ人事の中で、この間、解けない「なぜ」が1つだけあった。それは経済・外交政策担当の阿達雅志首相補佐官(61、参院議員)だった。

 阿達氏のキャリアである。東大法学部卒業後、1983年に住友商事に入社。車輌鋳鍛貿易部に所属、その後の米国駐在中にニューヨーク大学ロースクールで法学修士号を取得。帰国後は同社中国総代表室副部長(北京駐在)、法務部課長などを歴任、2000年8月に退社。

 家系も華麗である。義父は佐藤信二元通産相(=義祖父は佐藤栄作元首相)であり、住友商事退社翌月に佐藤信二衆院議員事務所入りした(=03年から公設秘書)。

 それだけではない。秘書業の傍らでニューヨークの超名門「ポール・ワイス・リフキンド・ワートン・ギャリソン外国法事務弁護士事務所」(通称『ポール・ワイス』)の東京オフィスの顧問を04~14年まで務めているのだ。

 ちなみに、「ポール」以下、「ギャリソン」まで5人の名字である。創始者、ルイス・ワイスは、フランクリン・ルーズベルト大統領の妻、エレノアの無二の親友であり、米法曹界の大立者である。

 阿達氏が半端ない米国人脈を持っていることから、筆者は、菅首相のお眼鏡にかなって官邸入りしたと推測した。ただ、首相補佐官発令後、新聞各紙でその背景説明を目にすることはなかった。

関連ニュース