記事詳細

自民党、学術会議問題でPT初開催 政府に在り方提言

 自民党は14日、日本学術会議の会員候補任命見送り問題に関連し、学術会議の在り方を検討するプロジェクトチーム(PT)の役員会を党本部で初開催する。

 PT座長の塩谷立元文部科学相や下村博文政調会長が出席。任命拒否問題は扱わず、年間約10億円の国費を支出する妥当性や組織形態を検証する。提言をまとめ政府に提出する方針だ。

 学術会議をめぐっては、河野太郎行政改革担当相が行革の対象として検証する意向を表明。識者からも「民営化」「廃止」論が出ている。

 野党が論点ずらしだと批判するなか、自民党はPTの議論を通じ、政府を後押ししたい考えだ。

関連ニュース