記事詳細

【親も知らない今どき入試】「教育力が高い大学」ランク 東大が14年連続トップ、私立トップは東京理科大 「入試難易度と教育力は比例する」との意見も (2/2ページ)

 4位は公立大トップで単科大の国際教養大、5位は大阪大、6位は私立大トップの東京理科大だった。東京理科大は昔から進級が厳しいことで知られ、その伝統は今も続いている。教育力の高さには定評がある。他にも「本校から入学した生徒が能力を伸ばし、就職後も活用している」(茨城・私立高)、「図書館を利用している人の多さ、学生の学習意欲が高い」(東京・私立高)などの評価だ。

 地域別に見ると、「北海道・東北」は東北大、「関東・甲信越」「北陸・東海」「中国・四国」「九州・沖縄」は東大、「近畿」は大阪大だった。東大と京大は全地域でトップ5に入った。

 ■安田賢治(やすだ・けんじ) 大学通信の情報調査・編集部ゼネラルマネジャー。1956年兵庫県生まれ。灘中高、早稲田大卒業後、大学通信入社。中高・大学受験の案内書・情報誌の編集責任者として大学合格や就職情報を発信。私立学校のコンサルティングにも協力。著書に『中学受験のひみつ』(朝日出版)など。

関連ニュース