記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】米大統領選「オクトーバー・サプライズ」が結果を左右? トランプ氏のコロナ感染に民主党の内紛、北朝鮮の核実験など要因は国外にも存在 (1/2ページ)

 米大統領選の投開票(11月3日)まで約3週間を切り、各陣営が激戦区へと足を運び、選挙集会を開催している。ここで注目されるのは、10月に予定されていなかった何かを指す、「オクトーバー・サプライズ」が出てくるかということだ。過去の大統領選を見ても、選挙戦を十分に左右する可能性はある。

 支持者集会に電話で参加したドナルド・トランプ大統領(74)は11日、新型コロナウイルスの検査について、「完全に陰性だった」とアピールした。退院する前から支持者の前に姿を現し、新型コロナから復活した「強い大統領」を印象付け、自らの感染を好材料へと転換させようとした。大統領が新型コロナに感染したという事実は、十分なオクトーバー・サプライズといえる。

 民主党のナンシー・ペロシ下院議長は8日、「大統領の罷免」について規定した憲法修正第25条を議論すると明らかにした。表向きは、新型コロナに感染したトランプ氏に職務遂行能力があるかを判断するためという。

 ただ、一部では、民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)が任期の4年を務められないとみて、速やかに大統領の座をカマラ・ハリス上院議員へと譲りたい思惑があるとの見方もある。

 もし、それが事実であれば、民主党の内紛ともとれる。

 サプライズは国内の要因だけではない。

 国防総省は6日、沿岸警備隊のチャールズ・レイ副司令官の感染を発表した。レイ氏が感染したことによって、軍の会議に参加していた幹部らが自主隔離しているという。これを中国や北朝鮮は、どのような解釈をするだろうか。

関連ニュース