記事詳細

ロシアが東京五輪にサイバー攻撃 英政府発表、除外処分に反発か

 英政府は19日、今夏に開催予定だった東京五輪・パラリンピックを標的として、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)がサイバー攻撃を仕掛けていたと発表した。攻撃の詳細や被害の有無は不明。ロシアはドーピング問題で両大会からの除外処分を受けており、BBC放送は、これに反発して妨害工作を計画していた可能性を指摘した。

 英紙タイムズ電子版は、英政府がサイバー攻撃による妨害を阻んだと報道。ラーブ英外相は声明で「無謀な行為であり、最も強い言葉で非難する」と強調した。

 英政府によると、攻撃が実施されたのは、新型コロナウイルスの影響で五輪の延期が決定した3月より前の時点。東京五輪の主催者や物流業者、スポンサー企業を標的とした偵察行為などがあったとした。

 最近では2018年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪でもサイバー攻撃が確認され、ロシアの関与が疑われていた。英政府は平昌五輪についても、GRUが北朝鮮や中国人のハッカーを装い、大会のコンピューターネットワークの機能を停止させるなどの妨害工作を狙ったと指摘した。

 当時は攻撃を受けたコンピューターを交換するなどし、被害を和らげることに成功したという。

 これに関連し、米司法省は19日、有害ソフトを使って平昌五輪などを標的にサイバー攻撃を行ったとして、GRUのハッカー6人を訴追したと発表。同省高官は声明で「ロシアほど悪意を持ってサイバー能力を兵器化した国はない」と厳しく批判した。

 ロシアは組織的なドーピング問題を抱え、世界反ドーピング機関(WADA)が昨年12月、東京五輪・パラを含む主要大会からの4年間の除外処分を決めていた。(共同)

関連ニュース