記事詳細

【朝日新聞研究】日本の「唯一の被曝国」は正確とは言えない 中国も行っていた「核実験」ウイグルの実情を調査報道すべき (1/2ページ)

 10月2日朝刊の「声」欄に、静岡県の73歳の主婦による「第五福竜丸事件 伝え続けたい」と題する投書がある。

 9月23日は、1954年の米国による水爆実験で亡くなった、マグロ漁船員、久保山愛吉さんの66回目の命日とのことで、静岡県焼津市では米国の若者が制作した映画が上映されるなど、集会が行われたという。

 この女性は元乗組員の親族で、被曝(ひばく)国でありながら、核兵器禁止条約を批准しない日本の状況を、「愚かさ」と表現して批判し、この事件が忘れられてはならないと訴えている。

 この投書には、ビキニ環礁という実験場所の名称は出てこないが、私が核問題について、以前から非常に不思議に思っているのは、「ビキニの水着」という言葉が平気で使われていることである。この状態は、核問題が大きく取り上げられる割には、本当は真剣に捉えていない証拠なのではないのかと思えてしまうのだ。ちなみに、女優の吉永小百合さんも「ビキニの水着」と言うのだろうか。

 私が考える第五福竜丸事件の意味とは、広島・長崎の原爆投下によるだけでなく、核兵器の実験によっても被曝者は発生したのだ-という、厳然とした事実である。世界では原爆・水爆を作り出すために各国で核実験が行われたのだから、そこには必ず大量の被曝者が生み出されたはずである。

 その意味で日本でしばしば用いられる、「唯一の被曝国」という表現は、必ずしも正確とは言えないのではないか。

関連ニュース