記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】定額給付金の再支給どうなる 有効需要は40兆円程度の余地あるが…政府小切手など、より迅速な手法検討すべきだ (1/2ページ)

 自民党の長島昭久衆院議員らが、定額給付金の追加支給などを菅義偉首相に要望したことが話題になっている。

 日本は、欧米諸国と比べると、人口当たりの新型コロナウイルスの感染者、死亡率ともに低い。20カ国・地域(G20)で整理してみよう。

 人口1000人当たりの感染者数について、低い国から、中国が0・1人、韓国が0・5人、日本が0・7人、オーストラリアが1・1人、インドネシアが1・3人、トルコが4・1人、ドイツが4・3人、カナダが5・2人、インドが5・4人、メキシコが6・6人、イタリアが6・7人、ロシアが9・6人、サウジアラビアが9・8人、英国が10・4人、南アフリカが11・8人、フランスが13・3人、アルゼンチンが21・6人、ブラジルが24・5人、米国で25・2人だ。

 死亡率については、低い国から、サウジアラビアが1・5%、インドが1・5%、ロシアが1・7%、韓国が1・8%、日本が1・8%、南アフリカが2・6%、アルゼンチンが2・7%、トルコが2・7%、米国が2・7%、ドイツが2・7%、ブラジルが2・9%、オーストラリアが3・3%、インドネシアが3・5%、フランスが3・9%、カナダが5・0%、中国が5・4%、英国が6・2%、イタリアが9・1%、メキシコが10・2%だ。

 感染者数での順位と死亡率での順位を合算して順位をつけると、韓国、日本、インド、サウジアラビア、トルコ、ロシア、豪、ドイツ、中国、インドネシア、南アフリカ、カナダ、アルゼンチン、米国、ブラジル、イタリア、メキシコ、フランス、英国となり、日本はG20諸国中2位という好成績である。

関連ニュース