記事詳細

【朝日新聞研究】朝日新聞こそ「平和ボケ」のチャンピオン 間接的に戦争に参加していた戦後日本を「平和国家だ」と言い続けてきた (1/2ページ)

 9月30日朝刊の「声」欄に、「令和『新しい戦争の時代』の予兆」と題する、沖縄の85歳の女性の投書が掲載された。朝日新聞の投書としては異質で、注目すべきものである。

 まず冒頭で、「明仁天皇(上皇さま)は在位30年の記念式典で『平成の30年間、日本は国民の平和を希求する強い意志に支えられ、近現代において初めて戦争を経験せぬ時代を持ちました』と言われた」と述べる。

 それに続く部分がユニークである。

 「私はこのおことばに不満である。象徴という難しいお立場でも、せめて『しかし世界には戦乱の絶える間がなかった』と加えて欲しかった。私ならさらにこう続けたい。『米国は正義の軍隊と称し、この間、アフガニスタンやイラクに派兵。日本の自衛隊は日米安全保障条約に基づき、米軍後方支援や復興支援活動をした。日本は戦争に参加した』と」

 つまり上皇さまの御言葉に、異を唱えている。そして、次の部分が最も注目できる。

 「日本国内に戦禍がなかったから『平成は平和だった』とする声が上がったが、これを平和ボケという」と明確に指摘している。何よりも「平和ボケ」と断言しているところが、まことに素晴らしい。

関連ニュース